ラストスパート

もっともらしいこと言って、もっともらしい文章を書いているように自分で思うことがある。だがこれは自身しかわからないことかもしれないし、文章がよく分かっている人にはもうすでに気づかれているかもしれない。もっともらしいこと言って安心しているのかもしれない。きっと深いところを指摘されれば、言葉に詰まるのかもしれない。何とも言えない。自分で読み返してみれば「あれ?もう終わり??」と思ったりする。で、そこもう少し書けるよね?肝心なことは書かないの?といった具合に、自分で精神的に負荷をかける。かなりしんどい作業。またやってしまった。まぁ、ブログなんだから好きなように書けばいい。でももう限界。無理と思いたい、もしくはこれでいいと満足したりして。だが、本当にそれでいいのか。そう簡単に投げ出したくはない。何のために書いているのだかわからない。好きなように書くとなれば、自分のツマラナイ過去でも延々と語っていたっていいわけだし。しているツモリ、がいちばんタチ悪い。いちばん書きたくない文章だ。今日は少し後ろ向きかと思う。

 

近いうちにプレゼン形式で自分をアピールしようと思っている。内容は今まで書いてきたもの。時間を作ってもらおうとしている。正直考えるだけで、緊張する。大きな告白もある。内容はその時の周りの反応と、そして「あなたの胸の内」を明かしていただけませんか…?と聞いて回りたい。その反応や意見は、ブログにも書こうと思う。書けるような内容だったら…だが。

 

私にとっての、ラストスパートがいよいよ待っている。