俯瞰する自分

最近、筆が進まない。原因は考えてみたが、ない。少し休んでみた。

 

最近、いいことがあった。なので書いてみた。内容は書けない。

 

最近、気づかされた。自分は無知だったということを。

 

書けないという現象は、多くの文筆業の人が経験しているというのだ。自分にとってこのような事態は初めてだったので、戸惑った。もういい加減いいだろう。今書いているものも、書きたいではなく、書かなければと義務のように自分を動かしている。だが、やらなければならないことを、見失ったわけではない。いずれ、集中できる時がくるだろう。その時はまたアイデアが浮かんでくるに違いない。書く作業も独創の世界である。それから、職人のような繊細さも必要かもしれない。それは私自身の理想。

もう一度ゆっくり考えてみよう。自分の文章というものを。