好きになることの行方

恋愛ではない、「愛情」。その人のあるがままを愛し、受け入れること。

 

「恋愛」として人を好きになることは、苦しいことでもあるかもしれないが、ほぼ楽しいものである。相手の心を欲しがる。自分の気持ちを相手に押し付けて、相手の気持ちを知りたがる。このやり取りに刺激があり、やめられなくなる。一種の刺激というか、快感が、「自分はこの人を愛しているんだ」など一頻り思い込んで錯覚してしまうのだ。

だが、決して「恋」を否定するつもりはない。恋は、愛に変わるのに、必要な過程だからだ。

 

恋愛とは、刺激を求めてしまうものなのではないか。

でも、それを超えられた時、つまり「恋」を超え自分の中の「愛」に気づいた時、相手にわかってほしいと考えるより、自分の存在が相手に知られる快感より、自分の存在を消してでも相手を想うから、「愛」とは苦しいものでしかない。

つまり、恋は、「自分の心を知ってもらいたい」「愛してほしい」と切に願うのだが、愛には「たとえあなたが私を知ることがなくても、私はいつでもあなたを一人の人間として、想っている。幸せを願っている。」と心の底から思うことなのである。この思いは、相手に伝わることはおそらくない。伝える必要もないし、分け合うこともしない。だから、見返りを求めることも、するべきではないのだ。

 

自分の気持ちを相手に告げることは、押し付けでしかない。と考えた時、それはもうやめようと考える。

もちろん「愛」は告げる必要はない。相手には知られず、遠くから見守ることしかできない。

 

「愛」という、とてつもなく過酷な想いを、人は必ず経験するのではないかと思った。